×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



雫 リンク集

『雫』(しずく)は、1996年にLeafが企画・製作し、アクア(現アクアプラス)より発売されたノベルタイプのアダルトゲーム。 リーフ・ビジュアルノベル・シリーズ(LVNS)の第1弾。『弟切草』の手法でアダルトゲームを作る、というコンセプトだった。 2004年1月、CGを描きなおしキャラクターボイスを追加したCD-ROM版(初回のみ)・DVD-ROM版が発売された。

物語の舞台は一見普通の学園。しかしその裏側ではとんでもない事件が進行中であった。 授業中に卑猥な言葉を叫びながら発狂するクラスメート。深夜の学園に密かに集まる生徒達。 日常を嫌悪し「狂気」に憧れる長瀬祐介は、教師を務める叔父に事件の調査を依頼される。

サウンドノベルの手法でアダルトゲームを作るという前代未聞の試みについては、当初Leaf社内でも賛否両論が巻き起こった。協議の末、Leaf上層部からGOサインと引き換えに提示された条件は「開始5分でHシーンに辿り着けるようにせよ」というものであった。ゲームの形式はどうあれ、まずはユーザーが性的な欲求を手軽に満たせるものでなければ、アダルトゲームの市場には送り出せないという判断である(1998年「TECH GIAN」インタビュー記事より)。 その結果、本作では物語序盤の選択肢において捜査依頼を断るだけで簡単に性的描写を伴うシーンに辿り着くことが可能となっている。尤も、その内容は「主人公は無気力な暮らしのままに卒業の日を迎えるが、卒業式の最中に突如参加者全員が発狂し、「仰げば尊し」を合唱しながら乱交を繰り広げる」というバッドエンドである。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 雫 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4